写真展 FUJIFILM SQUARE(トップ) > 写真展・イベント情報 > 椎名誠写真展「ニッポン ありゃまあ お祭り紀行」
  • 開催期間
  • 2008年2月29日(金)〜2008年3月26日(水)
  • トークショー日時
  • 第1回 3月8日(土)14:30開場、15:00〜16:00
    第2回 3月15日(土)14:30開場、15:00〜16:00
    ※各日とも事前登録制、応募者多数の場合は抽選となります。
  • サイン会日時
  • 第1回 2月29日(金)17:00〜17:30
    第2回 3月8日(土)16:30〜17:00
    第3回 3月15日(土)16:30〜17:00
  • 会場
  • FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア) 1F ギャラリー「PHOTO IS」
  • 入場料
  • 無料
  • 作品点数
  • 約200点
  • 開催中の写真展・イベント
  • 今後の写真展・イベント

最新情報

FUJIFILM SQUARE(フジフイルムスクエア)で開催される写真展・イベント情報を随時紹介しています。

  • フジフイルムスクエア Facebookページ
  • Twitter @fujifilmjp_sq
  • ニュース&スケジュール メール配信サービス
ただいま会員受付中

ピックアップ

  • FINEPIXデジタルカメラ教室
  • 富士フイルムフォトサロン
  • Fotonoma
ギャラリー「PHOTO IS」

椎名誠写真展「ニッポン ありゃまあ お祭り紀行」

ここに Flash が表示されます。Flash Ver.9以上が必要です。
こちらの催しは終了いたしました。

2008年3月26日(水)をもって終了いたしました。

FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)は1Fギャラリー「PHOTO IS」において、『椎名誠写真展「ニッポン ありゃまあ お祭り紀行」』を、2008年2月29日(金)から3月26日(水)まで開催いたします。

作家でもあり、また写真家としても活躍する椎名誠さんは、旅や食など多彩なテーマを美しい写真とこだわりの情報で紹介する雑誌「自遊人」において、2004年5月号より約4年間に渡り大人気企画「ニッポン ありゃまあ お祭り紀行」を連載、日本全国各地で行われている"祭"、中でも特に、あまり知られていない、でもその土地で大切に伝承されている一風変わったものを"ありゃまあ祭"と定義し、精力的に取材を行っています。

椎名誠さんはこの「ニッポン ありゃまあ お祭り紀行」の取材を開始した2004年に富士フイルムのデジタルカメラ「FinePix S2 Pro」に出会い、以降富士フイルムのデジタルカメラならではの色再現性と高画質を大変評価され、現在はデジタル一眼レフカメラ「FinePix S5 Pro」を"ありゃまあ祭"取材の大切な相棒として、祭ならではの色彩と躍動感、そして静と動を余すところなく表現しています。

今回の写真展では、取材をした全国24の祭から、とくに『オモシロ可笑しく』て、『奇妙奇天烈』、『摩訶不思議』な"ありゃまあ"写真を厳選し、展示。ギャラリーも、普通の写真展とはちょっと違う、祭囃子が流れ、縁日のようなたたずまいも感じる、まるでお祭り会場のような躍動感ある展示で、ご来場のみなさまを一瞬の内に"ありゃまあ祭ワールド"へと引き込みます。

さらにギャラリー「PHOTO IS」との併設展示として、1F「フォトカフェ」では、写真家として約35年間撮り貯めてきた作品の中から"ありゃまあ"な作品を厳選、『椎名誠の ありゃまあ 写真史』も同時開催いたします。

◎写真展会場入り口には、椎名誠さんのご友人で各界の著名人(写真家、女優、歌手などを予定)が今回の写真展のために作成した、おかめやひょっとこ、からす天狗といったお面を一堂に展示することで、お祭りの雰囲気をより一層盛り上げます。

そのほか、写真展開催期間中、椎名誠さんによるギャラリートークショーや、本写真展に合わせて出版される単行本『ニッポン"ありゃまあ"お祭り紀行』のサイン会を行います。

ぜひ、FUJIFILM SQUAREにご来場いただき、"ありゃまあ"なシーナワールドをご体感ください。



※2月18日(月)17:00(日本時間)をもちまして、トークショー事前登録の受付は終了いたしました。

プロフィール

椎名 誠椎名 誠(しいな まこと)

1944年東京生まれ。1979年より、小説、エッセイ、ルポなどの作家活動 に入りました。これまでの主な作品は、『犬の系譜』(講談社)、『岳(ガク)物語』(集英社)、『アド・バード』(集英社)、『中国の鳥人』(新潮社)、『黄金時代』(文藝春秋)など。 近著は、『ごんごんと風にころがる雲をみた。』(柏艪舎)、『らくだの話/その ほか』(本の雑誌社)、『たき火をかこんだがらがらどん』(小学館)。最新刊は、 『玉ねぎフライパン作戦』(角川書店)、『トンカチからの伝言』(文藝春秋)。 エッセイは、週刊文春連載中の赤マントシリーズが10 年以上続いています。 旅の本も数多く、モンゴルやパタゴニア、シベリアなどへの探検、冒険ものな どを書いています。 趣味は焚き火キャンプ、どこか遠くへ行くこと。

この写真展・イベントに関するご感想・コメントをお寄せください。

※お寄せいただいたご感想・ご意見は、サイト管理者が確認の上、後日公開されます。掲載スペースの都合上、または内容によって掲載出来ない場合もございますので、予めご了承ください。

ページトップへ