トップ > 写真展・イベント情報
  • 開催中の写真展・イベント
  • 今後の写真展・イベント

最新情報

FUJIFILM SQUARE(フジフイルムスクエア)で開催される写真展・イベント情報を随時紹介しています。

  • フジフイルムスクエア Facebookページ
  • Twitter @fujifilmjp_sq
  • ニュース&スケジュール メール配信サービス
ただいま会員受付中

ピックアップ

  • FINEPIXデジタルカメラ教室
  • 富士フイルムフォトサロン
  • Fotonoma

投稿コメント

 

この写真展・イベントに関するご意見・コメント

なぜかなつかしい

ニックネーム:たづちゃん (50代女性)

ユージン・スミスという名前は、以前から知っていましたが、オリジナルプリントを見るのは、初めてです。今、色々な形での写真の表現方法がありますが、写真の原点に立った表現のように思いました。私は、なぜかなつかしい気持ちになりました。

ニックネーム:shashinbaka (60代以上の男性)

何度となくユージンスミスの写真展を見ました。大きい写真が殆んどでしたが良いですよねー、このトンネルの中の小さな子供達良いな、年甲斐もなくワクワクしてしまう。

ディーリアス・ファン必見

ニックネーム:nsh (20代女性)

今まで、沼部さんの書籍、偕成社のスミス伝等の書籍でしか『楽園への歩み』を見たことない方、まぁ、見たってください。細部が全然違う!

これから、行ってみます

ニックネーム:myuzu (40代女性)

東京に帰省しており、子供と美術館に行きたくチェックしていたところ、とても興味深い写真展のイベントが見つかりました!さっそく、これから行ってみます。

今の時代に欠けているもの

ニックネーム:hidepapa (50代男性)

B690で焼き始めたころ、ユージン・スミスの作品を穴の開くほど見ていました。
オリジナルが見られるなんて幸運です。
BWはカラーリバーサルと違って、思いがストレートに伝わってくるように感じます。
近年「心や人を思う気持ち」が失われているように思えます。是非若い方々にも見てほしいと思います。
私は、デジタル一眼を使っている息子を誘って見に行きます。

これは見逃せない

ニックネーム:yamato (60代以上の男性)

昔、タイムライフの写真解説書中で見たものが、オリジナルプリントで見れるとは。
非常に楽しみな企画と思います。モノクロフィルムや印画紙の選択肢が少なくなり環境の悪化に落胆していましたが、このような機会を通してモノクロの作品作りを楽しむ人が居続けて欲しいものです。