写真展 FUJIFILM SQUARE(トップ) > 富士フイルム フォトサロン > 大石芳野写真展「祈りを織る ラオス-不発弾と生きる-」
  • 開催期間
  • 2009年10月9日(金)~2009年10月15日(木)
  • 開館時間
  • 10:00~19:00
    (最終日は14:00まで)
  • 会場
  • 富士フイルムフォトサロン スペース2
  • 入場料
  • 無料

ピックアップ

富士フイルムフォトサロン

メール配信サービス

Fotonoma

ASTALIFT

東京大阪札幌仙台名古屋福岡
富士フイルムフォトサロン スペース2
大石芳野写真展「祈りを織る ラオス-不発弾と生きる-」
ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。

 東南アジアにある内陸の国ラオス。
 山や森が多く、人びとは自然界のさまざまな恵みを生かしながら暮らし、家屋の材料も食糧もみな森の世話になってきた。染織もそんな森の恵みのひとつ。森で得た色を使って絹糸や綿糸を染め、衣裳を作る。
 その森に、34年前に終わったはずの戦争の遺産が大量にある。あのベトナム戦争(第二次インドシナ戦争)で米軍が落とした爆弾やクラスター爆弾の子爆弾などの不発弾だ。開墾した畑に鍬を入れ、薬草を採り、薪を集め、牛を放牧し、薪割りや焚き火をするなどごく日常的な生活のなかで、それらが突然に爆発し、被害にあう。人びとは恐れ慄き途方に暮れる。生まれる前に終わったはずの戦争なのに、なぜ自分が? なぜわが子が? あまりの理不尽さに人びとは宇宙の、天の、大地の、神に祈る。女性たちは悲しみや憤りを抱え込みながら、ひたすら杼を操り糸を重ねる。
 心の奥深くで問いながら。

【大石芳野トークショー開催】
10月10日(土)午後4時~5時30分
フジフイルムスクエア2F コミュニケーションスペース
(午後3時30分受付開始 先着順 着席60名)


 

ページトップへ