エドワード・マイブリッジ (Eadweard Muybridge)

2012/06/01~2012/09/02 写真歴史博物館 企画展 富士フイルム収蔵品展 エドワード・マイブリッジの『動物の運動』

エドワード・マイブリッジ(Eadweard Muybridge 1830年-1904年)は、イギリス出身の写真家。本名はエドワード・ジェームズ・マッゲリッジ(Edward James Muggeridge)米スタンフォード大学創始者でカリフォルニア州知事のリーランド・スタンフォードからの依頼で、1873年より、写真感度向上のための研究と実験を重ね、馬の「動き」を連続で分解してとらえることに成功。それは5台から12台へ、さらに24~30台へと並べた木製カメラで連続して撮影するもので、カメラの台数にあわせ糸やワイヤーを走路に張り、疾走につれワイヤーのレリーズで電磁式のフォーカルプレーンシャッターを切り、連続して撮影する仕組みであった。感材も当初は湿板を用いていたが、1874年からは乾板を用いることにより感度向上を図った。その後、彼は撮影対象を馬から犬、猿、鹿、鳥、さらに人間の身体へと広げ、1887年に世界で初めての動体の連続分解写真集「動物の運動」(原題「ANIMAL LOCOMOTION」)を刊行。この写真集は副題を“電磁写真でとらえた動物の動体研究”とし、781点11巻の大作であり、また彼の集大成でもあった。

作品


  • ©エドワード・マイブリッジ

ページトップへ