エドワード・S・カーティス (Edward Sheriff Curtis)

2013/03/01~2013/05/31 FUJIFILM SQUARE企画展 「エドワード・S・カーティス作品展『アメリカ先住民の肖像』」

エドワード・S・カーティス(Edward Sheriff Curtis) エドワード・S・カーティス
(Edward Sheriff Curtis)

エドワード・S・カーティス (Edward Sheriff Curtis 1868年 - 1952年)は、1868年アメリカ合衆国中西部のウィスコンシン州生まれ。シアトルで写真技術を学んで営業写真館を経営し、ロマンティック なポートレイトや風景写真で成功を収めた。1899年、アラスカ探検隊に同行したことが大きな転機となり、ネイティブ・アメリカンの撮影に専念すること を決意。自らを「消えゆく文化の目撃者」ととらえ、1900年の南西部での撮影を皮切りに、大富豪のJ・P・モルガン氏やセオドア・ルーズベルト大統領の経済的支援を得て、南西部、 平原、北西海岸の部族を次々と撮影。アメリカ先住民の中に深く入り込み、彼らと親交を深め、1907年から1930年の間に、約1500点の写真とテキストによる全20 巻の『北米インディアン(The North American Indian)』を発行するという偉業を成し遂げた。

写真集

・北米インディアン(The North American Indian)

作品

  • Raven Blanket, Nez Perce(漆黒の外衣ネ・ペルセ族)
    Raven Blanket, Nez Perce
    (漆黒の外衣 ネ・ペルセ族)

  • An Oasis in the Badlands(バッド・ランズのオアシス)
    An Oasis in the Badlands
    (バッド・ランズのオアシス)

ページトップへ