ロバート・キャパ(Robert Capa)

2012/09/01~2012/11/30 【FUJIFILM SQUARE 写真歴史博物館 企画展】マグナムを創った写真家たち~キャパ、カルティエ=ブレッソン、ロジャー、シーモア~

ロバート・キャパ(Robert Capa、1913年-1954年)
1913年ブダペスト生れ。1936年頃から作品を発表し、スペイン内乱中に撮影した「崩れ落ちる兵士」の写真で一躍世界的に有名になる。ノルマンディー上陸作戦の際撮影された一連の作品は第二次大戦中の最高傑作とされている。
1947年、著書『ちょっとピンぼけ』を出版。1954年5月25日インドシナ(現ベトナム)で撮影中、地雷に触れ死亡。

作品


  • イスラエル建国(1949年)
    ©Robert Capa ©International Center of Photography /Magnum Photos

ページトップへ