鍵井 靖章(かぎい やすあき)

2013/11/15~2013/12/04 FUJIFILM SQUARE 企画写真展「生(ライフ)~写真がとらえる野性~」
2014/03/07~2014/03/20 富士フイルムフォトサロン企画展 鍵井靖章写真展「3.11- あの日から From the date of disaster.」

鍵井 靖章 (かぎい やすあき) 鍵井 靖章
(かぎい やすあき)

鍵井 靖章(かぎい やすあき、1971年-)は、兵庫県生まれの写真家。大学在学中から水中写真家を志し、プロ写真家の伊藤勝敏氏の門を叩く。
オーストラリアなどでダイビングガイドとして活動した後、1998年にフリーの写真家として独立。自然のリズムに寄り添い、生き物にできるだけストレスを与えない撮影スタイルを信条とする。また、東日本大震災発生から三週間後に岩手県三陸沿岸の海に潜り、以降も海中から震災の傷跡と再生の様子を撮り続けている。

1998年、「ミナミセミクジラの海」で第15回アニマ賞受賞。
鍵井靖章オフィシャルサイト>>

写真集

・2011年 - 「アシカ日和」-マガジンハウス
・2012年 - 「海中散歩」-パイ インターナショナル
・2013年 - 「夢色の海」-パイ インターナショナル
・2013年 - 「ダンゴウオ:海の底から見た震災と再生」-新潮社

作品

  • ©YASUAKI KAGII
    ©YASUAKI KAGII

ページトップへ