暮らしの近くで展開される美しき光の世界
富士フイルムフォトサロン 東京 公募写真展

大貫亘写真展「蛍 ~里山に舞う~」

  • 「紫陽花の里」 茨城県常陸大宮市  ©大貫亘

  • 「梅雨半ば」 茨城県常陸大宮市  ©大貫亘

  • 「月夜の蛍狩り」 栃木県那須郡那珂川町  ©大貫亘

  • 「宵の上り列車」 栃木県那須烏山市  ©大貫亘

茨城県北の里山に生まれ育ち、今もそこで生活しながら、周辺の自然を撮り続けています。
今回のテーマは、里山の過疎化と環境悪化のため、一時姿を消した「蛍」です。
ここ10年ほど生息調査をすると、昔はヘイケボタルが見られただけでしたが、今はヘイケボタルとゲンジボタルが生息し、美しい輝きを見せています。
里山の小川はコンクリートで固められ、至る所にある外灯や車で宵も明るく、「蛍」には過酷な環境ですが、それでも懸命に生き、美しい光を放っているのです。

宵闇に咲く花々に舞う蛍…
月明かりや星空の下で輝く蛍…
田んぼや川沿いの民家周辺に舞う蛍…
車や列車の通るそばで懸命に生きて輝く蛍… 、等々
里山に舞う「蛍」の美しく幻想的な光景をお楽しみください。


プロフィール

大貫 亘 (おおぬき わたる)
1951年 茨城県生まれ
高2の時に写真を始め、長年アマチュア写真家として、月刊写真誌や二科展等で活躍。
教職を早期退職後、フリー写真家に転向。
茨城県北「奥久慈」周辺の自然を独自の視点で取材し、テーマ別に個展や写真集、SNS等で発表。
(一社)二科会写真部会員・常任理事、茨城県美術展覧会運営委員、花の会茨城会長
エスパースアートスクール講師、花と風景の撮影会「サークル四季」主宰 常陸大宮大使
写真集 「蓮池の夢」「花・夢・彩」「凍る彩」「薔薇~秋から冬へ~」「川霧の里」「蛍~里山に生きる~」
Facebook : 大貫亘



開催期間 2021年5月28日(金)~2021年6月3日(木)
開館時間 10:00~19:00 (最終日は16:00まで/入館は終了10分前まで) 会期中無休
会場 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)内、富士フイルムフォトサロン 東京 スペース2
入館料 無料
※ 企業メセナとして実施しており、より多くの方に楽しんでいただくために入館無料にしております。
作品点数 A1・A2サイズ、カラー、約40点
巡回展 2021年6月25日(金)~7月7日(水)  ギャラリーエスパース 茨城県ひたちなか市笹野町2-2-7

※ 写真展はやむを得ず、中止・変更させていただく場合がございます。予めご了承ください。


富士フイルムフォトサロンは、2020年、公益社団法人企業メセナ協議会より、「芸術・文化振興による社会創造活動」として「THIS IS MECENAT 2020」の認定を受けております。

ページトップへ