写真展 FUJIFILM SQUARE(トップ) > 写真展・イベント情報 > 土門拳 作品展「室生寺」 開催のお知らせ
  • 開催期間
  • 第1部:2010年10月1日(金)~2010年11月30日(火)
    第2部:2010年12月1日(水)?2011年1月31日(月)
    アンコール展:2011年2月1日(火)~2011年2月28日(月)
    10:00~19:00 期間中無休
  • 会場
  • 写真歴史博物館
  • 作品点数
  • 各回約25点
  • 入場料
  • 無料
  • 協力
  • 財団法人土門拳記念館
  • 開催中の写真展・イベント
  • 今後の写真展・イベント

最新情報

FUJIFILM SQUARE(フジフイルムスクエア)で開催される写真展・イベント情報を随時紹介しています。

  • フジフイルムスクエア Facebookページ
  • Twitter @fujifilmjp_sq
  • ニュース&スケジュール メール配信サービス
ただいま会員受付中

ピックアップ

  • FINEPIXデジタルカメラ教室
  • 富士フイルムフォトサロン
  • Fotonoma
写真歴史博物館

土門拳 作品展「室生寺」開催のお知らせ

ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。
こちらの催しは終了いたしました。

 室生寺は、戦前戦後を通じ、土門拳が40年通い詰め、代表作『古寺巡礼』の原点となった、奈良県宇陀市の山寺です。
 土門拳は「はじめてお寺に行ったのは、昭和14年12月の暮れ、奈良の室生寺が最初」と自伝に記しています。南大和の山あいにひっそりと建つ室生寺。そこで弥勒堂の釈迦如来坐像に出会ったことが、その後の長い古寺巡礼の始まりとなります。平安初期のどっしりと量感豊かな木彫仏。土門が「日本第一の美男の仏像」と惚れ込んで撮影したその写真は、彼の代表作のひとつとなりました。
 昭和21年、焦土の東京から室生寺を訪れた土門は、変わらない寺のたたずまいに心打たれ、食糧難の時代に苦労して写真材料を集め、室生の里に通い詰めました。こうして昭和29年に写真集『室生寺』を刊行します。 そこには土門を魅了した美しい里の風景も写し留められています。
 本展は、土門拳の初期の代表作のひとつである写真集『室生寺』に収録された50点の作品を、2回に分けて展示致します。土門拳が終生愛してやまなかった室生寺。その出発点となったみずみずしい作品をぜひお楽しみください。

<お知らせ>
 ご好評につき、アンコール展を2月1日(火)?2月28日(月)まで開催いたします。
 第1部と第2部で展示した作品の中から、人気のあった作品を約25点展示いたします。
 ぜひご来場ください。


この写真展・イベントに関するご感想・コメントをお寄せください。

※お寄せいただいたご感想・ご意見は、サイト管理者が確認の上、後日公開されます。掲載スペースの都合上、または内容によって掲載出来ない場合もございますので、予めご了承ください。

ページトップへ