写真歴史博物館 ~ 170年を越える写真の変遷を中心とした展示 ~

写真歴史博物館は、写真の文化・カメラの歴史的進化を観て体感できる希少価値の高い博物館です。
3種類の展示でお楽しみいただけます。

富士フイルムの歴史を飾ったフィルム&カメラ

新版・展示品図録写真の歴史を一覧できる展示品図録を館内にて好評発売中です。
(1冊1,000円)ご来館の記念に宜しければお買い求めください。

企画展

フジフイルム スクエアの収蔵品や他館の協力を得て、歴史的に価値のある写真の展示を開催しております。

写真展

写真歴史博物館 企画写真展 奈良原一高 作品展『消滅した時間』
開催期間 :
第一部  『近くて遥かな旅 1954 - 1974』  2016年6月1日(水) ~ 2016年7月31日(日)
第二部  『眺めの彼方 1970 - 2002』  2016年8月1日(月) ~ 2016年9月30日(金)

奈良原一高は、美術家の靉嘔(あいおう)や池田満寿夫らと活動していた1956年、初の個展「人間の土地」を開催し、この写真展が大きな反響を呼んで、閉幕後、一躍、写真家と呼ばれる存在となりました。個人の視点から描き出す新しいフォト・ドキュメンタリーは、戦後日本の写真表現を切り拓き、奈良原はその旗手として活躍しました。1960年代から80年代には国内外を拠点に精力的に作品を発表し、1990年以降は次々に病に襲われながらも、それを題材に好奇心あふれる作品を生み出しました。

企画展


写真歴史博物館は、2015年公益社団法人企業メセナ協議会より、 「芸術・文化振興による社会創造活動」として「THIS IS MECENAT2015 」 の認定を受けております。

ページトップへ