写真展 FUJIFILM SQUARE(トップ) > 写真展・イベント情報 > 【FUJIFILMSQUARE企画展】 昭和の記憶-写真家たちが捉えた復興と発展-
  • 開催期間
  • 2012年9月7日(金)~2012年9月26日(水)
  • 開館時間
  • 10:00~19:00(入館は18:50まで)
  • 会場
  • FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)内 富士フイルムフォトサロン
  • 入場料
  • 無料
  • 開催中の写真展・イベント
  • 今後の写真展・イベント

最新情報

FUJIFILM SQUARE(フジフイルムスクエア)で開催される写真展・イベント情報を随時紹介しています。

  • フジフイルムスクエア Facebookページ
  • Twitter @fujifilmjp_sq
  • ニュース&スケジュール メール配信サービス
ただいま会員受付中

ピックアップ

  • FINEPIXデジタルカメラ教室
  • 富士フイルムフォトサロン
  • Fotonoma
富士フイルムフォトサロン

【FUJIFILMSQUARE企画展】 昭和の記憶-写真家たちが捉えた復興と発展-

ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。
こちらの催しは終了いたしました。

 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)は、2012年9月7日(金)から9月26日(水)まで、FUJIFILM SQUARE 企画展「昭和の記憶」-写真家たちが捉えた復興と発展-を開催いたします。
 「昭和」は64 年間という、歴代元号の中で最長であり、戦前の昭和恐慌から太平洋戦争、そして敗戦、その後の驚異的な復興で「ジャパニーズ・ミラクル」と称された高度成長期、そしてバブル経済期までと、まさに「激動の時代」でした。
 この期間はグラフ・ジャーナリズムが大いに発展し写真の価値が高まった時期でもあり、とくに戦後は、開放的な社会の雰囲気の中で、多くの写真家たちが、それぞれの個性を存分に発揮し、素晴らしい写真が沢山撮影されました。
 この写真展では、木村伊兵衛、土門拳をはじめとする、日本を代表する写真家たちが捉えた「昭和」、戦前のモダンな都市風俗、戦時下の生活から、敗戦後の復興、そして発展に向かうまでの歩みを、庶民の暮らしや街の様子を中心にご覧いただく写真展です。写真家たちの目を通した「昭和の記憶」。見る人 に強く働きかけるとともに、どこか懐かしく心温まる、写真をご覧いただけます。

出展写真家: 木村伊兵衛、土門拳、濱谷浩、林忠彦、薗部澄、長野重一、田沼武能、熊切圭介

※会場のイメージをYouTubeでご覧いただけます。
【FUJIFILMSQUARE企画展】 昭和の記憶 会場イメージ >>

【記念講演会】「昭和の東京を語る」>>

ページトップへ