FUJIFILM SQUARE 企画写真展 ライフスケープ「森と海―すぐそこの小宇宙」

こちらの催しは終了いたしました。

 フジフイルムスクエアでは2015年2月20日(金)から3月11日(水)まで写真家今森 光彦と中村 征夫による企画写真展「ライフスケープ:写真が語る自然『森と海—すぐそこの小宇宙』」を開催いたします。

 今森 光彦氏は人々と自然の接点である山の麓の湖、田んぼや畑などに、想像以上に多くの生き物が棲んでいることを広く知らしめ里山という言葉を一般的にさせた写真家です。

 中村 征夫氏は東京湾をライフワークとしており、一般的には「生き物がいるとは思えない海」東京湾に潜り、逞しく生きる命の姿をいち早く伝えた水中の報道写真家です。

 この写真展では自然写真の分野をリードするこの二人が世界中のフィールドを駆け巡りながらも、それぞれにホームグラウンドと定めライフワークとして30年以上取り組んでいるテーマから、未発表作品を中心に100点超というスケールで展示します。私たちの住むすぐそばにこそ、美しく豊かな、逞しくも愛らしい自然の営みが繰り広げられているというメッセージを感じていただける写真展です。期間中、今森光彦氏と中村征夫氏によるギャラリートークも開催いたします。

 あなたのすぐそばにある生命息づく驚くべき小宇宙の姿を是非この機会にご覧ください。

ライフスケープ(Life+Scape)とは「生命」(life) と「風景」(landscape)のイメージを込めた造語で新しい「自然の中に息づく生命と、それをはぐくむ環境の両方を、人間の営みをも含めた視点で語る」というコンセプトを表しています。

プロフィール

中村 征夫 (なかむら いくお)

中村 征夫 (なかむら いくお)
1945年秋田県生まれ。19歳のとき神奈川県真鶴岬で水中写真を撮るダイバーに出会い、独学で水中写真を始め、31歳でフリーランスとなる。1977年東京湾にはじめて潜り、ヘドロの海で逞しく生きる生きものに感動、以降ライフワークとして取り組む。「海の報道写真家」として活躍。出版物、テレビ、ラジオ、講演会とさまざまなメディアを通して海の魅力や海をめぐる人々の営みを伝えている。



今森 光彦 (いまもり みつひこ)

今森 光彦 (いまもり みつひこ)
1954年滋賀県生まれ。大学卒業後独学で写真技術を学び1980年よりフリーランスとなる。以後、琵琶湖をとりまくすべての自然と人との関わりをテーマに撮影する。一方、熱帯雨林から砂漠まで、広く世界の辺境地の訪問を重ね、取材をつづけている。また、ハサミで自然の造形を鮮やかにきりとるペーパーカット アーティストとしても知られる。



開催期間 2015年2月20日(金)~2015年3月11日(水)
開館時間 10:00~19:00 (入館は18:50まで) 期間中無休
会場 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)内 富士フイルムフォトサロン
作品点数 約100点
入場料 無料
主催 富士フイルム株式会社
企画 株式会社風景写真出版
【写真展同時開催イベント】 作家本人によるギャラリートーク

【追加ギャラリートーク 開催決定!】
皆様の熱いご要望につき、中村征夫氏、今森光彦氏、二人揃っての追加のギャラリートーク開催が決まりました!
前回参加できなかった方、会期中の最後のチャンスです。
3月9日(月)15:00から!

前回は身動きできないほどの盛況で、おふたりの熱い話に会場が沸いたギャラリートーク。
その後にサイン会も予定しています。
* 参加無料/事前予約不要/直接会場までお越しください。

日時 【追加ギャラリートーク】 2015年3月9日(月) 15:00から ※終了いたしました。
会場 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア) 展示会場
入場料 無料
予約 不要

この写真展・イベントに関するご感想・コメントをお寄せください。

ページトップへ