【夏休み!自由研究イベント】 身近な自然のふしぎ (小中学生向け)

  • 都心では少なくなったヤマトタマムシ。背後には高層ビルがそびえ立つ。自然と都市が織り成す光景。

  • 倒木に生える変形菌の一種、ホソエノヌカホコリ。
    高さは3mmほど。目を凝らさなければ見えない小さな世界。

  • 林内に差し込んだ陽光がタヌキを照らし出す。
    この森には複数の家族が暮らしている。

  • 梅雨の森に現れたウラナミアカシジミ。
    一時、都心部から姿を消したと考えられていた絶滅危惧種。

  • 明治神宮の大部分を占める常緑広葉樹の森は昼間でも薄暗く、林床に届く光はわずかだ。

【夏休み!自由研究イベント】 身近な自然のふしぎ (小中学生向け)

プロフィール

佐藤岳彦

佐藤 岳彦 (さとう たけひこ)
1983年宮城県生まれ。大学院(森林動物学)中退後、写真家の道へ。
傍らの自然から熱帯のジャングルまで、「密やかな野生」を軸に、生命の織り成す世界を追いかけている。2011年からは、NHKで放映され話題となった「明治神宮 生物総合調査」に写真家として参加。その成果は、写真集「生命の森 明治神宮」(講談社)や「ナショナルジオグラフィック」などで発表している。


イベント① 「100年の森新聞」 配布

8月11日(金・祝)~24日(木)  10:00~19:00 (最終日16:00まで) 開催期間中毎日

会期中毎日、小・中学生を対象に、自由研究のきっかけ作りにもなる「100年の森新聞」(自由研究のヒントになる書き込み式)を配布します。展示内容について理解を深めるとともに、写真展を見て感じたことや発見したことを書き込めば、オリジナルの新聞が完成します。

会場 富士フイルムフォトサロン 東京 スペース2 写真展会場内
参加 無料
申し込み 不要

イベント② 佐藤岳彦氏と自然の専門家による「クロストーク」 ~だから、自然は面白い!~

8月11日(金・祝)・19日(土)  11:00~ (30分程度)
ゲスト:伊藤弥寿彦氏(自然史映像制作プロデューサー)

8月12日(土)・18日(金)  11:00~ (30分程度)
ゲスト:新里達也氏(昆虫学者)

明治神宮の森の調査に関わった専門家たちと一緒に、この森について語ります。

会場 富士フイルムフォトサロン 東京 スペース2 写真展会場内
※ 座席はございませんので、予めご了承ください。
参加 無料
申し込み 不要

イベント③ 佐藤岳彦氏によるギャラリートーク

8月13日(日)~17日(木) 8月20日(日)~24日(木)  14:00~ (30分程度) ※各日1回

明治神宮の森に生きる動植物たちや、森の成り立ち、撮影時のエピソードなどについてお話します。

会場 富士フイルムフォトサロン 東京 スペース2 写真展会場内
※ 座席はございませんので、予めご了承ください。
参加 無料
申し込み 不要



ページトップへ