鳥獣人物戯画の世界広がる、ブナ林
清水 重蔵 写真展 橅人「BUNAJIN -新潟-」

  • 金剛力士

  • 樹木医

  • 双頭鷲

  • 裸婦ー臀

日一日ブナの根元にまろびけり

天を衝くようなまっすぐな美しい橅(ブナ)が母樹なら、新潟県の深雪と人間の知恵が生み出した地を這うような武骨の橅は父樹といえる。
父樹と出会った橅林には、人、鳥、動物、仏像が歌い踊り、泣き叫ぶ「鳥獣人物戯画」の世界が広がり、人は橅なり、橅は人なりのどちらが擬態か迷う自由社会が広がっていた。人と雪が創り出した不思議な樹形・巨木のオブジェ「あがりこ」に、人と自然との有り様を問いたいとレンズを向けて語り合った。

富士フイルムフォトサロン 東京他、都内で個展開催多数。写真集12冊上梓。
本展が新潟をテーマにした、東京での10回記念展。
新潟生まれ新潟在住。写真を通して新潟をPRする営業マン。

清水 重蔵(日本写真協会会員)


※ 2月23日(金)・24日(土)・25日(日)に写真展併催イベントとして、清水 重蔵氏によるギャラリートークを開催いたします。


開催期間 2018年2月23日(金)~2018年3月1日(木)
開館時間 10:00~19:00 (最終日は16:00まで/入館は終了10分前まで)
場所 富士フイルムフォトサロン 東京 スペース1
入場料 無料
作品点数 全紙および全倍サイズなど・カラー・約34点

【写真展併催イベント】 清水 重蔵氏によるギャラリートーク

日時 2018年2月23日(金)・24日(土)・25日(日)  各日13:30~(約40分)
会場 富士フイルムフォトサロン 東京 スペース1 写真展会場内
※ 座席はございませんので、予めご了承ください。
参加 無料
申込 不要

ページトップへ