樹木と真摯に向き合うことで見えてきた世界を表現
渡邊武夫写真展「季樹彩彩(ききさいさい)」
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、本写真展は中止させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解の程宜しくお願いいたします。

  • 樹 王

  • 威 風

  • 喝 采

  • 凍 粧

30年前に山好きの知人に誘われて、晩秋の尾瀬ケ原に入りました。次の週には山小屋が閉鎖される時季、早朝の湿原は朝の凛とした空気感が張りつめ、朝靄に浮かぶ木立の姿が何とも幻想的でした。そして気品に満ちた佇まいに、「これが自然の作り出したものか」と驚きと感動を覚えたのです。
その時から自然風景に魅せられ、主に長野、新潟や近隣県の野山を駆け巡り、幾多の樹木に対峙してきました。樹木の歓び、叫び、悲しみ、また時には強靭な生命力を感じ、真摯な気持ちでレンズを向けています。その多くは人の生活圏に近い領域にあり、人との関わり持つ樹木を中心に、自分なりに樹木への想いを巡らせて切り取った作品です。ご高覧頂き、ご指導、ご鞭撻を賜りましたら幸甚に存じます。

日本風景写真協会会員 渡邊武夫


開催期間 2020年5月22日(金)~2020年5月28日(木)
開館時間 10:00~19:00 (最終日は16:00まで/入館は終了10分前まで)
場所 富士フイルムフォトサロン 東京 スペース1
入場料 無料
作品点数 全倍・全紙サイズ、カラー、約40点

併催イベント中止のお知らせ

新型コロナウイルス感染症の影響で、渡邊武夫写真展「季樹彩彩」に併設する下記の「ギャラリートーク」を中止いたします。ご予定いただきましたお客様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

<中止するイベント>

●渡邊武夫氏によるギャラリートーク
2020年5月23日(土)・24日(日)
各日14:00~ (約30分)


ページトップへ