後世に伝えたい日本の絶景を厳選!
創立15周年記念 日本風景写真協会選抜展「四季のいろ」

  • 田中正之 「富士山雲の競演」

  • 植村巧 「紅花戴冠」

  • 松田吉夫 「清涼」

  • 石橋學 「残響」

 日本風景写真協会は、会員各々が自然を愛する目と心で、国内の様々な「絶景」を写し止め、保護・保存・記録し、後世に伝える一助となればと願い、活動する全国組織の団体です。
 2017年、15周年をむかえた記念に、会員全員が参加した写真集「1258人の風景写真」を発刊しました。
 今回、隔年毎に開催している選抜展『四季のいろ』では、名誉会員・指導会員の作品も含め写真集から選抜した、約120点を展示いたします。どの作品も雄大な自然を各々の視点で切りとった秀作ばかりです。ぜひ、会場にてご高覧いただきたく存じます。

日本風景写真協会

※期間中、ギャラリートークの開催を予定しております。


開催期間 2018年5月11日(金)~2018年5月17日(木)
開館時間 10:00~19:00 (最終日は16:00まで/入館は終了10分前まで)
場所 富士フイルムフォトサロン 東京 スペース1・2
入場料 無料
作品点数 全紙・半切サイズ、カラー、約120点

ページトップへ