自然と人工物が織りなす造形美
【写真家たちの新しい物語】
熊木 理 写真展 「砂の形 - Lost on a sand planet -」
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、本写真展は中止させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解の程宜しくお願いいたします。

  • 新潟市の青山海岸  © Osamu Kumaki

  • 消えては生じる、雲・砂山・風紋  © Osamu Kumaki

  • 西日を浴びた漂流物と風紋  © Osamu Kumaki

  • 複雑なパターンとなる冬の砂浜  © Osamu Kumaki

  • 誰もいない浜で一人キャンプ  © Osamu Kumaki

■ 「写真家たちの新しい物語」について
富士フイルムフォトサロン 東京は、若手写真家の皆様に写真展を行う意義や楽しみを見出していただき、写真文化の発展に繋げる為、2013年から年数回、若手写真家応援プロジェクト「写真家たちの新しい物語」を開催しています。当社は写真展を開催する為のプリントや制作費等を支援しています。

■ 写真展概要
プロジェクト第17弾は、新潟市の青山海岸で自然と人工物が織りなす造形美を赤外線カメラでとらえた熊木理氏の写真展を開催いたします。

■ 写真展内容
自宅から車で約10分、新潟市の青山海岸に広がる砂丘を独自の視点でとらえた熊木理氏による初の個展。砂や漂流物、雲、光が織りなす景色が「赤外線カメラ」による高コントラストのモノクロ×デジタル写真で表現され、まるで「砂の惑星」に迷い込んだかのようです。美しくも不思議な世界へ引き込まれます。

※ 赤外線カメラについて……赤外線カットフィルターの代わりに可視光線カットフィルターを組み込んだカメラで、ハイコントラストの独特な表現が可能。熊木氏の作品には波長の異なる2種類の赤外線カメラが使用されています。

■ 写真家メッセージ
 あなたは、初めて写真を撮ったときのことを覚えていますか? 私は、初めて自由に写真を撮ったとき、ありふれた日常にも、美しさや驚き、発見に満ちていることに気付き、そのこと自体に感動を覚えました。写真は、特別なところに行かなくても、身の回りにある美しさ、面白さを教えてくれます。
 本写真展の撮影地は、自宅近くの、私にとってごく身近な砂浜です。決して風光明媚な場所ではありませんが、赤外線カメラを使って、見過ごしてしまう造形美をあぶり出すように努めました。私の感じた説明できない美しさに共感していただけたら、幸いです



プロフィール

熊木 理 (くまき おさむ)

熊木 理 (くまき おさむ)
1978年 新潟県生まれ。
2004年 写真を撮り始める。
2005年 東北大学大学院生命科学研究科修了、新潟県入庁。
寫柳会・二科会新潟支部 、所属。




開催期間 2020年5月15日(金)~2020年5月28日(木)
開館時間 10:00~19:00 (最終日は16:00まで/入館は終了10分前まで)
会場 富士フイルムフォトサロン 東京 スペース2
入場料 無料
作品点数 全倍以上サイズ、モノクロ、約53点
巡回展 2020年6月予定 砂丘館(新潟市中央区西大畑町5218-1)
主催 富士フイルム株式会社
後援 株式会社新潟フジカラー・株式会社日本写真企画

併催イベント中止のお知らせ

新型コロナウイルス感染症の影響で、【写真家たちの新しい物語】熊木 理 写真展 「砂の形 - Lost on a sand planet -」に併設する下記の「ギャラリートーク」を中止いたします。ご予定いただきましたお客様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

<中止するイベント>

●熊木 理氏によるギャラリートーク
2020年5月16日(土)・23日(土)
各日13:30~ (約30分)


ページトップへ