写真展 FUJIFILM SQUARE(トップ) > 富士フイルム フォトサロン  > 旅するガラスたち−増田洋美の不思議なアート・インスタレーション
  • 開催期間
  • 2009年 4月3日(金)〜2009年4月9日(木)
  • 会場
  • 富士フイルムフォトサロン スペース3
  • 入場料
  • 無料

ピックアップ

富士フイルムフォトサロン

メール配信サービス

Fotonoma

ASTALIFT

東京大阪札幌仙台名古屋福岡
富士フイルムフォトサロン スペース3
旅するガラスたち−増田洋美の不思議なアート・インスタレーション
ここに Flash が表示されます。Flash Ver.8以上が必要です。

 増田洋美の、自在でダイナミックな吹きガラスを何百も使ったアート・インスタレーションは、世界中のユニークな場で展開される、サイト・スペシフィックで、これまでにまったく類例の無い仕事である。
 ヴエネチアの古い教会の中庭や、ルネサンス期の古城の地下牢。
彼女にとって、ガラスは生の歓びをうたい、地の声を伝える生き物だ。
 「ジャワの荒波打ち寄せる海岸では、楽しげにころころと笑いころげ、朽ちかけた寺院では、修行僧の読経の声をひびかせていた」。
 湯島の孔子廟や、那須の大地で、静謐で自然にとけ込んだガラスの表情も、忘れ難い。
 増田洋美の活動は、彼女が拠点として制作してきたガラスの聖地ヴェネチアをはじめ、広くヨーロッパで知られて定評がある。
 旅するガラスたち。
ガラスを使った、現代美術作家としての、二八年の仕事の一端を、ぜひご覧いただきたい。

2009年
新見隆(武蔵野美術大学芸術文化学科教授、美術評論)


 

ページトップへ