写真歴史博物館 企画写真展 「土門拳 二つの視点」

第一部「こどもたち」
るみえちゃんとさゆりちゃん 1954

第一部「こどもたち」
近藤勇と鞍馬天狗 1955

第二部「風貌」
志賀直哉 1951

第二部「風貌」
梅原龍三郎 1941
こちらの催しは終了いたしました。

 フジフイルムスクエア写真歴史博物館では、日本を代表する写真家・土門拳の作品から、「人」をとらえた写真を2カ月ずつ、2部にわたり展示いたします。

 2014年10月1日(水)から12月1日(月)までの第一部「こどもたち」では、こどもの表情を撮る名手・土門の楽しいスナップを展示します。戦前の彼の出世作「伊豆のこども」、困難な生活環境のなか、たくましく生きる子、そして路上で群れ遊ぶこどもたち。
根っからのこども好きだった土門は、35ミリカメラを20分でも30分でもこどもたちに自由に触れさせ、それに飽きて自分たちの遊びの世界に戻ってから撮り始めています。いわば写真家の姿を消し、彼らの中に溶け込んで捉えたスナップです。こどもたちは、どの写真も父親に対するように自然体で目を輝かせ、躍動しています。
 2014年12月2日(火)から2015年2月2日(月)までの第二部「風貌」では、ヴィンテージプリント(※)による各界著名人の肖像写真を展示します。これは自分が撮りたいと思う人物にとことん迫り、大型カメラを構え、撮影現場で「対峙」して写した作品で、撮影時のエピソードを数々残しています。
 高村光太郎は、「土門拳のレンズは人や物を底まであばく。レンズの非情性と、土門拳そのものの激情性が、実によく同盟して被写体を襲撃する」と記しています。
 このように「人」を対象としながらも、撮影に対する考え方や方法がまったく異なる「土門の二つの目」を見せる展覧会を、是非ご鑑賞ください。

※撮影後、時間を経てずにプリントされ写真家が認めたもので希少価値が非常に高い。

プロフィール

土門 拳 (どもん けん) プロフィール (1909-1990)
 山形県酒田市生まれ。1933年から東京・上野の宮内幸太郎氏の写真館にて写真の基礎を学ぶ。1935年から1939年まで、名取洋之助主宰の日本工房に所属し、主に海外向けの宣伝物用に報道写真を撮り始める。その後、『ヒロシマ』(1958年)、『筑豊のこどもたち』(1960年)などの作品により報道写真家としての名を馳せる。一方で仏像や寺院をライフワークとし、1963年に『古寺巡礼』第一集を発刊し、1975年の第五集で完結。1971年『古寺巡礼』の業績に対し、第19回菊池寛賞受賞。1973年紫綬褒章受章。1974年酒田市の名誉市民第一号となる。1990年死去。1983年酒田市に土門拳記念館が開館され、全作品を所蔵、展示している。

開催期間 第一部 「こどもたち」
2014年10月1日(水)~ 2014年12月1日(月) ※終了いたしました。
第二部 「風貌」
2014年12月2日(火)~ 2015年2月2日(月)
開館時間 10:00~19:00(入館は18:50まで) 年末年始を除く期間中無休
会場 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア) 写真歴史博物館
作品点数 第一部、第二部 それぞれ約20点
入場料 無料
主催 富士フイルム株式会社
協力 土門拳記念館
企画 クレヴィス

この写真展・イベントに関するご感想・コメントをお寄せください。

ページトップへ