多様な海を感じ、自然との共生を考えよう!
フジフイルム スクエア 企画写真展

『海から見たニッポン』
(2) 「is Blue」 鍵井靖章×木村文乃

  • 鹿児島  © YASUAKI KAGII

  • カクレクマノミ  © FUMINO KIMURA

  • 沖縄・阿嘉島  © YASUAKI KAGII

 フジフイルム スクエアは、2021年3月12日(金)から4月1日(木)まで、『海から見たニッポン』をテーマに2つの写真展を同時に開催いたします。日本列島を取り巻く海のすがたを、写真で見つめ直す試みです。
 ひとつは、5人の水中写真家による写真展「海流が育むいのち」です。日本の自然の成り立ちや私たちの暮らしに大きな影響を与えている2つの海流、「黒潮」と「親潮」に着目し、海の環境と生きものたちについて写真を通じてお伝えします。もうひとつは、水中写真家 鍵井靖章氏と、ダイビングを愛する女優 木村文乃氏による写真展「is Blue」です。2人が巡った日本各地の海をそれぞれの感性で表現します。


■ 各写真展について

(2) 「is Blue」 鍵井靖章×木村文乃

 写真家・鍵井靖章氏と、女優・木村文乃氏による2人展。

 世界各地で撮影した夢のように美しい水中写真が高く評価されてきた鍵井靖章氏。そしてダイビングと海の生きものたちに魅了され、プライベートはアウトドアで過ごすことが多いという木村文乃氏。写真家と俳優、それぞれの分野の第一線で活躍する2人が「ダイバー」として共に日本の海を潜り歩き、独自の感性で撮影した写真でコラボレートします。

 沖縄県慶良間諸島、和歌山県古座、石川県能登半島など日本屈指のダイビングスポットを巡りながら、木村氏は出会った生きものたちの愛らしいすがたをカメラに収めてきました。また、鍵井氏は「お魚になりたい」という日頃からの木村氏の願いをかなえるべく、その土地ならではの魅力ある海中風景の中で撮影した木村氏の貴重な水中ポートレートを発表します。2人の作品を通して、海の生きものたちへの親近感や、水の中を浮遊する非日常の開放感をお楽しみいただけます。

 また、撮影を続ける中で鍵井氏と木村氏が直面した、愛媛県宇和海(うわかい)で問題になっている、海洋ゴミについても写真でレポートします。私たちの暮らしを取り巻く海の美しさのみならず、そこにある危機についても身近に感じていただけたら幸いです。



企画展名 フジフイルム スクエア 企画写真展 『海から見たニッポン』

(2) 「is Blue」 鍵井靖章×木村文乃

開催期間 2021年3月12日(金)~2021年4月1日(木)
開館時間 10:00~19:00 (最終日は14:00まで/入館は終了10分前まで) 会期中無休
会場 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)内、富士フイルムフォトサロン 東京 スペース3
入場料 無料
※ 企業メセナとして実施しており、より多くの方に楽しんでいただくために入館無料にしております。
作品点数 全紙・半切サイズ、約30点
主催 富士フイルム株式会社
監修 工藤孝浩 (日本魚類学会)
企画 高橋佐智子 (Shishmaref)(シシュマレフ)
アートディレクション 富沢祐次
巡回展 富士フイルムフォトサロン 大阪  2021年7月23日(金・祝)~8月11日(水)
同時開催

※ 写真展はやむを得ず、中止・変更させていただく場合がございます。予めご了承ください。



出展写真家紹介

木村 文乃 (きむら ふみの)

木村 文乃 (きむら ふみの)

カクレクマノミ  © FUMINO KIMURA

1987年東京都生まれ。女優。2020年はNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」で主人公の妻・熙子役を演じる。またテレビ朝日「七人の秘書」に主演。ダイビングを趣味とし、公式インスタグラム @uminokimura_official では、FUJIFILM X-T3 で自ら撮影した水中写真などを公開している。

鍵井 靖章 (かぎい やすあき)

鍵井 靖章 (かぎい やすあき)

沖縄・阿嘉島  © YASUAKI KAGII

1971年兵庫県生まれ、神奈川県鎌倉市在住。1993年よりオーストラリア、伊豆、モルディブに拠点を移し、水中撮影に励む。1998年に帰国、フリーランスフォトグラファーとして独立。自然のリズムに寄り添い、生きものにできるだけストレスを与えないような撮影を心がける。3.11以降、岩手県・宮城県の海を定期的に記録している。『ダンゴウオ -海の底から見た震災と再生-』『unknown』『不思議の国の海』『SUNDAY MORNING ウミウシのいる休日』他著書多数。 第15回アニマ賞(1998)、日本写真協会新人賞(2003)、日経ナショナルジオグラフィック写真賞優秀賞(2013、2015)受賞。 「情熱大陸」「クレイジージャーニー」「探偵ナイトスクープ」「関ジャニ∞クロニクルF」などにも出演。


※ SDGs(エスディージーズ) (Sustainable Development Goals)(サスティナブル ディベロップメント ゴールズ) : 2015年に国連総会で採択された、2030年までに国際社会が社会課題として取り組むべき「持続可能な開発目標」。貧困、不平等・不正義の是正、健康、教育、働きがい、気候・環境など17の目標と169のターゲットが定められている。目標14として「海の豊かさを守ろう」も取り上げられています。

SDGsの目標14「海の豊かさを守ろう」


■ 富士フイルムグループの長期目標の設定について

近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定*1など、社会課題解決を目指した国際的な長期目標や提言が相次いで発表されており、そうした社会課題解決のプレーヤーとして、企業への期待がますます高まっています。当社CSR計画「Sustainable Value Plan 2030(SVP2030)」では、こうした背景から、SDGsやパリ協定など、グローバルな目標達成への貢献を目指し、2030年度をターゲットとした長期目標を設定しました。
富士フイルムグループは、SDGs達成に向けて大きく貢献できる目標を17の中から10を特定し、具体的な取り組みを目標に盛り込んでいます。

*1 パリ協定:2015年にパリで開催された第21回気候変動枠組条約締約国会議(COP21)で採択された、気候変動抑制に関する多国間の国際的な合意協定。地球の気温上昇を産業革命前から2℃未満に抑えることが掲げられている。

富士フイルムグループが主に貢献するSDGsの目標



富士フイルムフォトサロンは、2020年、公益社団法人企業メセナ協議会より、「芸術・文化振興による社会創造活動」として「THIS IS MECENAT 2020」の認定を受けております。

ページトップへ