フジフイルム・フォトコレクション

2014年1月20日に富士フイルムは創立80周年を迎えました。この機に「写真文化を守る」ことを基本理念として「フジフイルム・フォトコレクション」を立ち上げました。
これは、幕末・明治から現代に至る、日本を代表する写真作家の記録的価値の高い最高作品を弊社がコレクションし、写真文化の維持発展に貢献するという試みです。日本の写真史と写真界の発展の軌跡をご覧いただける本コレクションの展示は、東京での開催を皮切りに、全国の美術館や博物館を巡回し、多くのお客様にお楽しみ頂いております。2015年度には、公益社団法人企業メセナ協議会より、「芸術・文化振興による社会創造活動」として「THIS IS MECENAT2015 」の認定を受け、写真関係者のみならず美術や芸術に精通する方々からも高い評価を頂きました。
ご協力いただいた多くの写真家の方々、関係各位に心からお礼を申し上げます。

写真歴史博物館は、2016年公益社団法人企業メセナ協議会より、「芸術・文化振興による社会創造活動」として「THIS IS MECENAT 2016」の認定を受けております。

展覧会図録 「フジフイルム・フォトコレクション」

フォトコレクション年表

1860年代半ば

下岡蓮杖
<The Far East>より

1865年頃

フェリーチェ・ベアト
「長崎、中島川」

1872年頃

上野彦馬
「長崎、中島川」

1872年

内田九一
「隅田川の舟遊び」

1880年代

日下部金兵衛
「三保の松原の人力車」

1891年

小川一真
「百美人」

1895年頃

鹿島清兵衛
「ポン太」

1913年

福原信三
「釣り」<巴里とセイヌ>より

1929年

塩谷定好
「破船」

1936年2月27日

桑原甲子雄
「麹町区馬場先門(現・千代田区)」

1936年

安井仲治
「海濱」

1938年

福原路草
「不詳 新潟・関温泉にて」

1940年

田淵行男
「初冬の浅間 黒斑山の中腹より」

1940年

濱谷浩
「歌ってゆく鳥追い 新潟」<雪国>より

1944年頃

岡田紅陽
「東海の松 毘沙門 静岡県」

1946年6月25日

影山光洋
「手作りの小麦の収穫祝いの食卓」

1946年

林忠彦
「太宰治」

1948年

杵島隆
「老婆像」

1949年

植田正治
「パパとママとコドモたち」

1953年

木村伊兵衛
「秋田おばこ 秋田・大曲」

1953年

渡辺義雄
「内宮正殿北西側全景」<伊勢神宮>より

1954年

岩宮武二
「マヌカン」

1954年

大竹省二
「ヘルベルト・フォン・カラヤン」

1955年

大辻清司
「陳列窓」

1955年

田沼武能
「真知子巻きでお使い 東京・佃島」

1958年

鋤田正義
「母」

1958-61年

石元泰博
「シカゴ 子供」 <シカゴ、シカゴ>より

1959年

長野重一
「5時のサラリーマン 東京・丸の内」 <ドリームエイジ>より

1960年

川田喜久治
「日の丸」<地図>より

1961年

細江英公
「薔薇刑 #32」

1962年

芳賀日出男
「正月と盆 横手万歳」

1962年頃

緑川洋一
「瀬戸内海・島と灯台」

1964年

富山治夫
「過密」<現代語感>より

1965年

白籏史朗
「冬の晨 箱根姥子」

1965年

高梨豊
<東京人>より

1965年

立木義浩
<舌出し天使>より

1966年

坂田栄一郎
<Just Wait>より

1966年

桑原史成
「“生ける人形”とも言われた少女」<水俣>より

1967年

篠山紀信
<誕生>より

1967年

土門拳
「弥勒堂釈迦如来坐像左半面相」<室生寺>より

1967年

広田尚敬
「C57動輪 秋田・土崎」

1968年

小川隆之
<New York Is>より

1969年

久保田博二
「沖縄」

1969年

土田ヒロミ
「愛知 一色黒沢」<俗神>より

1971年

十文字美信
「Untitled」<首なし>より

1971年

鈴木清
「女、川崎」<流れの歌>より

1971年

荒木経惟
<センチメンタルな旅>より 

1971年

沢渡朔
<NADIA>より

1971年

東松照明
「波照間島」

1971年

森山大道
「三沢の犬」

1972年
(シリーズ発売年:1976年)

北井一夫
「長崎・平戸」<村へ>より

1972年

田村彰英
「YOKOHAMA」<午後>より

1972年

奈良原一高
「アメリカ・インディアン村の二つのゴミ缶」 <消滅した時間>より

1972年

森永純
「福岡県能古島」<波-海>より

1973年

有田泰而
「First Born」

1974年

木之下晃
「Alfred Brendel」<世界の音楽家>より

1974年

原直久
「レ・アール市場跡」<Paris>より

1975年

江成常夫
「スラムのアパートの三人家族7ストリート、東111番地 New York」<ニューヨークの百家族>より

1975年

倉田精二
「池袋・光町大橋近く 東京 池袋」 <FLASH UP>より

1975年

杉山守
「ベンジンボトル」<STILL LIFE>より

1976年

秋山亮二
<津軽 聊爾先生行状記>より

1976年

操上和美
「海を見る」<陽と骨>より

1976年

須田一政
「山形 銀山温泉」<風姿花伝>より

1976年

南川三治郎
「ジョアン・ミロ」<アトリエの巨匠たち>より

1977年

石内都
「絶唱・横須賀ストーリー」

1977年

牛腸茂雄
<SELF AND OTHERS>より

1977年

深瀬昌久
「鴉 金沢」<鴉>より

1977年

前田真三
「麦秋鮮烈」

1978年

中村征夫
「海軍コマンドに憑かれた男たち」

1978年

山崎博
<HELIOGRAPHY>より

1979年

北島敬三
「新宿二丁目のゲイボーイ」<東京1979>より

1979年

水越武
「天に登る光跡 カラコルム・パキスタン」

1980年頃

入江泰吉
「斑鳩の里落陽 法隆寺塔」

1980年

大西みつぐ
「根津」<Wonderland 1980~1989>より

1980年

島尾伸三
<生活>より

1980年

普後均
「暗転」シリーズより

1981年

ハービー・山口
「GALAXY, London」

1982年

伊藤義彦
「Imagery 72-82011, 1982」

1982年

山沢栄子
「What I’m doing #24」<What I’m doing>より

1983年

清家冨夫
<Portrait of ZOE>より

1983年

長倉洋海
「一人、山上で本を読む戦士マスードアフガニスタン」

1984年

築地仁
「写真像 #55」<写真像>より

1984年

水谷章人
<白銀の閃光>より

1984年

宮本隆司
「解体中の有楽座、日比谷映画劇場から三信ビルを見る」<建築の黙示録>より

1985年

広川泰士
「sonomama sonomama #26」

1986年

上田義彦
「Robert Mapplethorpe」

1986年

伊奈英次
「在日沖縄米軍楚辺通信所」 <ZONE>より

1986年

竹内敏信
「ファイヤーカーテン 三原山」

1986年

三好耕三
「本荘」 <Picture Show 傍観>より

1988年頃

星野道夫
「夕暮れの河を渡るカリブー」

1989年

今道子
「タコ+メロン」

1989年

柴田敏雄
「新潟県北魚沼郡湯之谷村」<日本典型>より

1992年

田中光常 「オウサマペンギン サウスジョージア島」

1993年

齋藤亮一
「スズダリ ロシア共和国」 <NOSTALGIA>より

1994年

潮田登久子
「東京 世田谷」<冷蔵庫/Ice Box>より

1995年

瀬戸正人
「渋谷」<Silent Mode>より

1995年

野町和嘉
「ライラトル・カドルの礼拝 メッカ」

1996年頃

秋山庄太郎
「薔薇」より

1996年

佐藤時啓
「光―呼吸 #275 Koto-ku Aomi」

1999年7月13日

白岡順
「フランス、ニーム」

2001年

鬼海弘雄
「歳の祝いの日」<PERSONA>より


過去の巡回展

2014年1月17日~2月5日フジフイルム スクエア(東京)
2014年2月21日~3月5日富士フイルムフォトサロン大阪
2014年8月1日~9月28日愛知県美術館
2015年1月10日~2月11日伊丹市立美術館(兵庫)
2015年3月5日~5月17日細見美術館(京都)
2015年10月3日~11月1日北網圏北見文化センター美術館(北海道)
2015年11月20日~2016年1月27日北海道立釧路芸術館
2016年3月11日~3月30日東川町文化ギャラリー(北海道)
2016年7月16日~8月21日八戸市美術館(青森)
2017年3月24日~4月12日フジフイルム スクエア(東京)

ページトップへ