大原 治雄 (おおはら はるお)

2017/10/01~2017/12/28写真歴史博物館 企画写真展 「ブラジルの大地に生きた写真家・大原治雄」
2017/11/04【写真展 同時開催イベント】平間至氏 トークショー
2017/12/02【写真展 同時開催イベント】酒井邦弘氏 トークショー

1909年11月5日、高知県吾川郡三瀬村(現・いの町)に農家の長男として生まれる。 17歳で家族とブラジルに渡り、サンパウロ州のコーヒー農園で働いた後、1933年、パラナ州ロンドリーナに最初の開拓団として入植。1938年、小型カメラを手に入れ、次第に写真に没頭。1951年、ロンドリーナ市の新空港建設のため、市街地に生活を移す。農業経営の一方、60年代後半まで国内外のサロンに積極的に参加。無名のアマチュア写真家だったが、1970年代から地元新聞などで紹介されるようになり、1998年、「ロンドリーナ国際フェスティバル」および「第2回クリチバ市国際写真ビエンナーレ」で、初の個展「Olhares(眼差し)」が開催され、大きな反響を呼ぶ。1999年5月、ロンドリーナで死去。享年89。2008年、日本人ブラジル移民100周年を記念して、遺族により写真と資料の一式がモレイラ・サーレス財団に寄贈された。2015年、NHKドキュメンタリー番組「新天地に挑んだ日本人~日本・ブラジル120 年~」「国境を越えて―日本―ブラジル修好120年」、NHK・Eテレ「日曜美術館~大地が育てた写真~」で紹介され大きな反響を呼ぶ。

作品

  • © Haruo Ohara/Instituto Moreira Salles Collection

  • © Haruo Ohara/Instituto Moreira Salles Collection

ページトップへ