富山 治夫 (とみやま はるお)

2018/08/01~2018/10/31写真歴史博物館 企画写真展 「言葉を超えた写真家 富山治夫 『現代語感』」
2018/09/29【写真展併催イベント】 ギャラリートーク

1935年、東京・神田に生まれる。『女性自身』誌、朝日新聞出版写真部の嘱託カメラマンとして活躍し、1964年から『朝日ジャーナル』誌の連載「現代語感」の写真を分担。1966年よりフリー。1978年、写真展「JAPAN TODAY 現代語感」(インターナショナル・センター・オブ・フォトグラフィー、ニューヨーク)を開催。主な受賞歴に、日本写真批評家協会新人賞(1965年)講談社出版文化賞(1978年)日本写真協会年度賞(1980年)芸術選奨文部大臣新人賞(1981年)紫綬褒章(2003年)スポニチ芸術大賞(2005年)旭日小綬章(2012年)など。主な写真集に『現代語感』(中央公論社、1971年)『佐渡島』(朝日新聞社、1979年)『京劇』(全2巻、平凡社、1980年)『禅修行』(曹洞宗出版部、2002年)『現代語感 OUR DAY』(講談社、2004年) などがある。2016年、肺がんのため逝去。享年81。

作品

  • ©Haruo Tomiyama Archives

  • ©Haruo Tomiyama Archives

ページトップへ