高橋 広平 (たかはし こうへい)

2015/10/09~2015/10/22 【写真家たちの新しい物語】 高橋広平写真展「四季を纏う神の鳥 ~雷鳥に魅せられて~」

高橋 広平 (たかはし こうへい)
高橋 広平
(たかはし こうへい)

1977年、北海道苫小牧市生まれ。2007年、雷鳥と出会い、独学で写真を始める。2013年、第4回田淵行男賞にて岳人賞を受賞。雷鳥写真家。
雑誌などで作品を発表し、環境省や長野県などの雷鳥保護に関わる企画などに写真を提供している。現在は「雷鳥とその生態系」というテーマのもと、多様な被写体と「個」と「個」として向き合っている。現在、安曇野を拠点に活動中。日本自然科学写真協会(SSP)会員。長野県自然保護レンジャー、雷鳥緊急保全対策事業・調査協力員などに所属。
後援:市立大町山岳博物館、国際自然環境アウトドア専門学校

高橋広平 公式サイト >>

巡回展

2015年12月11日~2016年1月17日長野・カフェ風のいろ
2016年9月3日~2016年11月27日長野・市立大町山岳博物館
2017年11月23日~2018年1月21日北海道・苫小牧市美術博物館

作品


  • © 高橋広平


  • © 高橋広平

ページトップへ