フジフイルム スクエアで「富士山づくし」の写真展を同時開催! 入場無料 2021年7月21日(水)〜8月19日(木)10:00~19:00 (最終日は14:00まで/入館は終了10分前まで)

「日本人の魂・冨嶽
今昔(こんじゃく)三十六景」

~北斎と4人の巨匠たち~

葛飾北斎、岡田紅陽、白簱史朗、
竹内敏信、大山行男・夢の競演

「冨嶽三十六景 凱風快晴」(複写プリント)葛飾北斎 山口県立萩美術館・浦上記念館蔵(チコチンコレクション)

「山波」 撮影:岡田紅陽 収蔵:岡田紅陽記念館

南アルプス千枚小屋から「真紅に燃える朝雲と富士山」 撮影白簱史朗

静岡県裾野市から「笠雲」 撮影:竹内敏信 

©Yukio Ohyama

北斎の「冨嶽三十六景」オリジナル ※1 の複写画像と日本を代表する写真家である岡田紅陽、白簱史朗、竹内敏信、大山行男の4氏による個性あふれる富士山の作品合計36点を迫力の銀写真プリントで展示します。

  1. 山口県立萩美術館・浦上記念館蔵(浦上コレクション)他
主催
富士フイルム株式会社
協力
凸版印刷株式会社(生誕260年記念企画 特別展「北斎づくし」連携)

織作峰子写真展

「Hommage to Hokusai」

~悠久の時を旅して~

Hommage to Hokusai ©Mineko Orisaku

写真家織作峰子氏が、北斎へのオマージュとして、「冨嶽三十六景」の作品が描かれたポイントを巡り、世界に誇る美しい独立峰「富士山」に祈りを捧げながらシャッターを押した作品を展示します。日本の伝統工芸である箔と最新の写真技術が融合された世界を表現します。

主催
富士フイルム株式会社
協力
凸版印刷株式会社(生誕260年記念企画 特別展「北斎づくし」連携)
株式会社セントラルプロフィックス

同時開催

生誕260年記念企画 特別展「北斎づくし」

住所

〒107-0052
東京都港区赤坂9丁目7番地3号 ミッドタウン・ウェスト1F

交通アクセス

東京メトロ日比谷線「六本木駅」
4b出口から地下通路にて直結、徒歩5分
都営大江戸線「六本木駅」
8番出口と直結
東京メトロ千代田線「乃木坂駅」
3番出口より徒歩5分(※入口は1Fになります)
六本木交差点方面から
徒歩4分

世界文化遺産とSDGs ―― 持続可能な開発・管理に向けて

SDGs(エスディージーズ)(Sustainable Development Goals)(サスティナブル ディベロップメント ゴールズ)とは、 2015年に国連総会で採択された、2030年までに国際社会が社会課題として取り組むべき「持続可能な開発目標」です。貧困、不平等・不正義の是正、健康、教育、働きがい、気候・環境など17の目標と169のターゲットが定められています。
本展に関連する取り組みとして、目標11「住み続けられるまちづくりを」の中に、ターゲット4「世界の文化遺産及び自然遺産の保護・保全の努力を強化する」が掲げられています。歴史上に貴重ながら、損傷や破壊の危機に瀕する世界文化遺産を守り、後世に残していく活動が求められています。著名写真家たちの写真を通じて、世界文化遺産・SDGsについて考えるきっかけになれば幸いです。

THIS IS MECENAT 2020

富士フイルムフォトサロンは、2020年、公益社団法人企業メセナ協議会より、「芸術・文化振興による社会創造活動」として「THIS IS MECENAT 2020」の認定を受けております。