山下 茂樹 (やました しげき)

2013/04/12~2013/04/18 山下茂樹写真展「平成富士山」
インタビュー記事 : 山下茂樹写真展「平成富士山」

山下茂樹 (やました しげき) 山下 茂樹
(やました しげき)

山下 茂樹 (やました しげき、1947年 - )は、三重県四日市市出身の写真家。
愛知大学経済学部卒。1996年より重点的に風景写真の取材を始める。2000年 (有)オフハウスデザイン写真企画室設立。
写真展多数開催。雑誌等執筆多数、写真集&アプリ写真集多数発売、公益社団法人日本写真協会会員、一般社団法人日本写真作家協会会員、(株)アフロ写真作家契約。フォト十彩顧問。
山下茂樹オフィシャルサイト>>

略歴

・1947年 - 四日市市に生まれる。
・1969年 - 愛知大学経済学部卒業後サラリーマン生活おくる
・1987年 - オフハウスデザイン「広告写真」設立
・1996年 - 重点的に風景写真を撮り始める(年間200日以上取材)
富士山をキャンピングカーにて単独自炊しながら1000日取材(4年間にて)
・2000年 - 有限会社 オフハウスデザイン「写真企画室」設立
・2000年 - 2012年までの写真展、多数開催
富士山「四季彩色」「変幻富士」「富士山」「パノラマ富士山」
山下茂樹と仲間たち「富士山」
北海道 「大地風彩」「TX1-2 パノラマの世界」
海外 「Maui-Island」-自然の香り
富士フイルムフォトサロン東京・名古屋・大阪にて
富士フォトギャラリー大阪・ギャラリー古都(京都)
京セラコンタックスサロン銀座・京都
コダックフォトサロン銀座

私のテーマである雄大な自然色彩美を追求しています。最近は私も中判(645判)カメラからデジタルカメラへと移行しパノラマカメラ(FUJI TX-2,GX617)と67判(FUJI GF670,670W)はフィルムカメラを使用しています。昨今、温暖化が進み自然の営みが崩れつつあります。自然の原理に従って元に戻す努力が必要不可欠です。森の再生から始めないと手遅れになると思います。自然をもっと大切にすることと、地味な努力ではありますが植林することから始める必要があると考えます。微生物、昆虫、小さな動物から人間まで影響の大きい自然循環においても森の再生を訴えたいと思っています。最近、森の取材でブナ林を撮影していて自然の原点は森にあることを特に感じました。私の風景写真の原点は富士山を重点的に取材していて自然の偉大さの一面を学ぶ事ができました。富士山と自然体で対面する姿勢で現在も日本の自然の彩りを追求しています。

写真集

・2003年 - 「変幻富士」-ピエブックス刊、「大地風彩」-ピエブックス刊
・2005年 - 「COLORS~時間の色~」-光村推古書院刊
・2008年 - 「富士山」- 青菁社刊
・2010年 - 「奈良大和路」-ピエブックス刊、「パノラマ富士山」-ピエブックス刊
・2011年 - 「富士山の四季」(英文版)-講談社インターナショナル編
・2011年 - 「富士山の四季」(簡体字版)-講談社インターナショナル編
・2012年 - 「富士日記」山下茂樹写真集- 求龍堂刊
・2012年 - 富士「四季彩」山下茂樹アプリ写真集 iモード用壁紙アプリ Docomoアプリストアより配信
・2012年 - 「富士山-青菁社 山下茂樹アプリ写真集 BookLiveより配信
・2012年 - 「富士山~百の色~」アプリ写真集 アップルiTunes Store(APPStore)より配信
・2012年 - 「奈良大和路~まほろばの四季彩~」アプリ写真集 アップルiTunes Store(APPStore)より配信
・2012年 - 「大地百彩~北海道の風、色、香り~」アプリ写真集 アップルiTunes Store(APPStore)より配信
・2012年 - セブンネットストア パーソナルブックシリーズ アフロ写真集1 山下茂樹「富士山」

<その他>
・コンタックス年鑑 作家掲載
・アマテラス年鑑NO6~NO16 作家掲載
・アステラス製薬株式会社 機関誌「Astellas Square」2007~2013表紙掲載
・(株)アフロ 写真作家契約
・(有)時空工房 写真作家契約
・日本カメラ、玄光社、日本写真企画、風景写真出版等に写真・記事掲載

作品

  • ©山下 茂樹
    ©山下 茂樹

  • ©山下 茂樹
    ©山下 茂樹

ページトップへ