富士フイルムが運営する写真展(東京・六本木)

  • 利用案内
  • 写真展・イベント
  • フジフイルム スクエアについて
JP / EN

富士フイルムが運営する写真展(東京・六本木)

ニューヨーク, 1974年 © Elliott Erwitt / Magnum Photos

写真家エリオット・アーウィット作品展「観察の美学 筋書きのない写真たち」

フジフイルム スクエア 写真歴史博物館 企画写真展

2022年3月31日(木)~6月29日(水)

写真歴史博物館

SHARE

見どころ

  • 写真家エリオット・アーウィットの往年の名作から1980~90年代に制作された貴重なオリジナル・プリント約30点を展示。
  • 1949年以来、ニューヨークを拠点に約70年にわたり活躍し、現在もマグナム・フォトの写真家として重要な地位を占めるアーウィットの普遍的な魅力を放つ名作を選りすぐりました。
  • ウィットとユーモアに富み、いつの時代にも多くの人々から愛されてきた人間味あふれる作品をお楽しみください。

写真展について

フジフイルム スクエア 写真歴史博物館は、2022年3月31日(木)から6月29日(水)まで、世界中で愛され、写真家集団マグナム・フォト(1947年設立、以下マグナム・フォト)の一員としても長年活躍してきた写真家エリオット・アーウィットの作品展を開催いたします。

エリオット・アーウィット(1928– )は、1949年以来、ニューヨークを拠点に約70年にわたり活躍してきた写真家です。マグナム・フォトの創設メンバーであるロバート・キャパの推薦を受け、1953年、25歳の若さでマグナム・フォトに参加したアーウィットは、1966年から1968年まで3期にわたって会長を務めるなど、マグナム・フォトの初期メンバーとしてその活動を支えると同時に、広告写真や映画、テレビ番組など、写真作品以外のジャンルにおいても多才ぶりを発揮してきました。

本展は、写真家エリオット・アーウィットの往年の名作から約30点を選りすぐり、1980 – 90年代に制作された貴重なオリジナル・プリントで展示するものです。
ウィットとユーモアに富み、人間味あふれるアーウィットの写真は、いつの時代も多くの人々から愛されてきました。恋人たちの一瞬、子どもたちの愉快な表情、人間と犬とのユーモラスな関係……目の前で起こる偶発的なドラマを、冷静に、そして愛情深く見つめる「観察の美学」ともいうべき視点には、アーウィット自身の生き方が投影され、瞬間を記録する写真という表現によって、人生の喜怒哀楽が濃密に描かれています。20世紀の写真表現を象徴するかのような美しいゼラチン・シルバー・プリントは、アーウィットの魅力と同時に、“記録する”という写真の原点を強く訴えかけてくるものです。

現在もマグナム・フォト最高齢の写真家として重要な地位を占めるエリオット・アーウィット。普遍的な魅力を放つ名作の数々をどうぞご堪能ください。

※ 1947年、報道写真家ロバート・キャパの発案で、アンリ・カルティエ・ブレッソン、ジョージ・ロジャー、デビッド・シーモアらと、写真家の権利と自由を守り、主張することを目的として創設された、世界を代表する国際的な写真家集団。

プロフィール

エリオット・アーウィット (1928– )

Elliott Erwitt

1928年、ロシア人の両親のもと、パリで生まれる。11歳の時にアメリカに移住し、ロサンゼルスのシティ・カレッジで写真を学んだ。1949年、ニューヨークで写真家として本格的に活動を開始する。1953年、25歳の若さで当時、世界的な写真家であったロバート・キャパに推薦され、マグナム・フォトに参加する。彼の作品はウィットとユーモアに富んだ人間味あふれるもので、ジャーナリスティックなエッセイから広告写真まで、多種多様である。大規模な写真展も過去、ニューヨーク近代美術館をはじめ、世界各地の代表的な美術館で開催された。写真集に『我われは犬である』(高橋周平訳、JICC出版局、1992年)『ふたりのあいだ』(小川潤子訳、マグナム・フォト東京支社、1994年)『美術館にいこうよ!』(クレオ、1998年)『PERSONAL BEST』(2006年)『UNSEEN』(2007年)『NEW YORK』(2008年)『DOGS』(2008年、いずれもteNeues)など。現在、ニューヨーク在住。

写真展概要

企画展名 フジフイルム スクエア 写真歴史博物館 企画写真展
写真家エリオット・アーウィット作品展「観察の美学 筋書きのない写真たち」
開催期間 2022年3月31日(木)~6月29日(水)
開館時間 10:00-19:00(最終日は16:00まで、入館は終了10分前まで) 会期中無休
会場 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア) 写真歴史博物館
入館料 無料

※ 企業メセナとして実施しており、より多くの方に楽しんでいただくために入館無料にしております。

作品点数 約30点(予定)
主催 富士フイルム株式会社
後援 港区教育委員会

※ 写真展はやむを得ず、中止・変更させていただく場合がございます。予めご了承ください。

写真展一覧

写真歴史博物館

~ 170年を越える写真の変遷を中心とした展示 ~

貴重なアンティークカメラやフジフイルムの歴代カメラの展示に加え、歴史的に価値のある写真を展示する企画展も定期的に開催しております。写真の文化、カメラの歴史的進化をご覧いただける希少価値の高い博物館です。170年を越える写真文化の変遷をぜひお楽しみください。

MECENAT
写真歴史博物館は、2021年、公益社団法⼈企業メセナ協議会より、「芸術・⽂化振興による社会創造活動」として「THIS IS MECENAT 2021」の認定を受けております。