富士フイルムが運営する写真展(東京・六本木)

  • 利用案内
  • 写真展・イベント
  • フジフイルム スクエアについて
JP / EN

富士フイルムが運営する写真展(東京・六本木)

『チャレンジ ミッケ! 11 へんてこりんなおみせ』より ©Walter Wick

かくれんぼ絵本『ミッケ!』シリーズ刊行30周年記念

『ミッケ!』にはいろう

~ウォルター・ウィック『チャレンジ ミッケ!』の世界~

フジフイルム スクエア 企画写真展

2022年9月23日(金・祝)~10月13日(木)(最終日は14:00まで)

FUJIFILM PHOTO SALON Space1 / 2

SHARE

見どころ

  • 幅3mを超える特大サイズの銀写真プリントにより、かくれんぼ絵本『チャレンジ ミッケ!』の世界に没入体験できる。

写真展について

1991年にアメリカで、翌1992年に日本で出版されたかくれんぼ絵本『ミッケ!』。今年で国内創刊30周年を迎え、シリーズ国内累計943万部を突破しています。『ミッケ!』は、精巧なジオラマの中に隠されている、おもちゃや模型、アンティークやぬいぐるみなど、さまざまなものを探していく、大人も子どもも一緒に楽しめる写真絵本です。
本展では、『ミッケ!』シリーズのうち『チャレンジ ミッケ!』第1巻~第11巻に収録されている作品から12点を、幅3mを超える特大サイズにプリントして展示。
写真と文章をセットに見ながらさまざまなものを作品から探す、本来の『ミッケ!』の楽しみ方だけでなく、超特大サイズの銀写真プリントならではの迫力、表現力によって、まるで実際に『ミッケ!』の世界に飛び込んで、旅をするかのような鑑賞体験をお楽しみいただきます。
かくれんぼ絵本『ミッケ!』も、大きなサイズで見ると、違った世界が広がります。また、子どものころには探せなかったものも、見つけられるかもしれません。初めて『ミッケ!』をご覧になる方だけでなく、幼い頃に読んだことがある方も是非もう一度、探しものに挑戦してみてください!

プロフィール

[image]ウォルター・ウィック

ウォルター・ウィック/作

Walter Wick

1953年アメリカのコネチカット州に生まれる。パイアー美術学校で写真を学ぶ。フリーのカメラマンとして『ニューズウィーク』『ディスカバー』など、300を超える雑誌や本の表紙を手掛ける。1985年ゲーム雑誌に発表した写真パズルがスコラスティック社の編集者の目にとまり、1991年『ミッケ!』を出版。シリーズは大評判となる。写真絵本『ひとしずくの水』でボストングローブ・ホーンブック賞を受賞。写真をつかって錯覚の世界をつくりだした『視覚ミステリー』はアメリカ図書館協会優良図書に選ばれる。写真科学絵本に『ひとすじの光』がある。

糸井重里/訳

「ほぼ日」代表。コピーライターとして一世を風靡し、作詞やエッセイ執筆、ゲーム制作など、多彩な分野で活躍。1998年にスタートしたウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」では、『ほぼ日手帳』をはじめ、『ほぼ日のアースボール』、『ほぼ日の學校』など、さまざまな商品開発、企画を手掛ける。

写真展概要

企画展名 フジフイルム スクエア 企画写真展
かくれんぼ絵本『ミッケ!』シリーズ刊行30周年記念
『ミッケ!』にはいろう 
~ウォルター・ウィック『チャレンジ ミッケ!』の世界~
開催期間 2022年9月23日(金・祝)~10月13日(木)
開館時間 10:00-19:00(最終日は14:00まで、入館は終了10分前まで) 会期中無休
会場 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)内、富士フイルムフォトサロン 東京 スペース1・2
入館料 無料

※ 企業メセナとして実施しており、より多くの方に楽しんでいただくために入館無料にしております。

作品点数 W3,300mm×H1,957mm、カラー、約12点(予定)
・デジタルによる作品
・展示作品は、描写性の高い富士フイルム製品「銀写真プリント」を使用。
主催 富士フイルム株式会社
協力 株式会社小学館
後援 港区教育委員会

※ 写真展はやむを得ず、中止・変更させていただく場合がございます。予めご了承ください。

写真展一覧

MECENAT
富士フイルムフォトサロンは、2021年、公益社団法人企業メセナ協議会より、「芸術・文化振興による社会創造活動」として「THIS IS MECENAT 2021」の認定を受けております。