富士フイルムが運営する写真展(東京・六本木)

  • 利用案内
  • 写真展・イベント
  • フジフイルム スクエアについて
JP / EN

富士フイルムが運営する写真展(東京・六本木)

[image]サコッティ写真展「ジワリズム」

©サコッティ

サコッティ写真展「ジワリズム」

日常の中にある小さな違和感
富士フイルムフォトサロン若手写真家応援プロジェクト【写真家たちの新しい物語】

2022年11月25日(金)~12月15日(木)(最終日は16:00まで)

FUJIFILM PHOTO SALON Space3

SHARE

見どころ

  • 連日更新中の「本日の1枚」https://honjitsuno1mai.sakotty.com/で、身の回りにある「!」の瞬間を拾い集め続けているサコッティ氏ならでのユニークな視点
  • 当たり前のようでいてどこか不思議な光景が創り出すジワジワとこみ上げてくる面白さ
  • ひしめき合う招き猫や干されたゴム手袋など、異端の存在であるものたちが生み出す独特のリズム

写真展について

若手写真家応援プロジェクト「写真家たちの新しい物語」として、身の回りにある「!」を撮り続けているサコッティ氏による写真展を開催いたします。どこか不思議で、面白く、それでいて愛おしいものたちが創り出す、独自の世界をお楽しみください。

写真家からの写真展紹介

カメラを持って歩いているとジワジワと面白さがこみ上げてくる場面に出合います。当たり前のようでいてどこか不思議な光景。つい見過ごしてしまいそうな日常の中にある小さな違和感を拾い集めました。誰かが選んだ結果なのか、それとも流され続けた結果なのか。どこかが欠けたそれらは、私たちに何かを求めるように語りかけてきます。どこか、切なく、そしていとおしい。それぞれの個性が交わるとき、物語が始まります。ジワリズムは、とまらない!

写真展関連プログラム

展示期間中に、「写真家によるギャラリートークムービー」を公開する予定です。
展示初日以降、フジフイルム スクエアのウェブサイト内「写真展の鑑賞ガイド」に掲載予定です。

写真展の鑑賞ガイド

プロフィール

[image]サコッティ

サコッティ

1995年、愛知県名古屋市生まれ。2018年、日本大学芸術学部写真学科卒業。株式会社 博報堂プロダクツ(フォトクリエイティブ事業本部)を経て、独立。現在は東京を拠点に活動中。そのひとらしさ・そのものらしさを最大限に引き出す表現を得意とし、“セカイにひろがる「!」を。” をテーマに、SNS上で『本日の1枚』を連日更新中。

写真展概要

企画展名 富士フイルムフォトサロン若手写真家応援プロジェクト【写真家たちの新しい物語】
サコッティ写真展「ジワリズム」
開催期間 2022年11月25日(金)~12月15日(木)
開館時間 10:00-19:00(最終日は16:00まで、入館は終了10分前まで) 会期中無休
会場 FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)内、富士フイルムフォトサロン 東京 スペース3
入館料 無料

※ 企業メセナとして実施しており、より多くの方に楽しんでいただくために入館無料にしております。

作品点数 全倍・全紙・半切サイズ、カラー約30点(予定)
・デジタルによる作品。
・展示作品は、描写性の高い富士フイルム製品「銀写真プリント」
(または出展者/プリントアーティストによるオリジナルプリント「銀塩印画紙」)を使用。
主催 富士フイルム株式会社
企画 デジタルカメラマガジン編集部

※ 写真展はやむを得ず、中止・変更させていただく場合がございます。予めご了承ください。

写真展一覧

MECENAT
富士フイルムフォトサロンは、2022年、公益社団法人企業メセナ協議会より、「芸術・文化振興による社会創造活動」として「THIS IS MECENAT 2022」の認定を受けております。